VISUAL BRAINS HOME
ビジュアル・ブレインズは 1981年に風間正(Sei Kazama)と大津はつね(Hatsune Ohtsu)
により結成された映像作家ユニットです。現在まで、数多くの映像制作・業務制作や
インスタレーション、パフォーマンスなどを手がけています。

Visual Brains is a unit formed by Sei Kazama & Hatsune Ohtsu in 1981.
They have created art works mainly with movies.
While presenting works that made use of multi-media,
they handled various movie productions as program directors.


MAIL
mail(@)visualbrains.com
Copyright:
(c) 1997-2011 Visual Brains All Right Reserved

Visual Brains on YouTube

NEWS ニュース

第2回中之島映像劇場『日本のビデオアート-1980年代』
国立国際美術館(大阪)にて
2011年10月22日(土)、23日(日)ビジュアル・ブレインズの『Rec Zone』・『De Sign 1 <訓練>』が上映されます。
主催:国立国際美術館、協賛:(財)ダイキン工業現代美術振興財団
※入場無料・全席自由 ※先着130名(午前10時から整理券を配布)
詳細はホームページをご覧下さい。⇒

国立国際美術館HP

過去のニュースはこちら>>
 
 

VISUAL BRAINS WORKS

BUSINESS WORKS (動画)

VIDEO ART WORKS (動画)


PERFORMANCE & INSTALLATION (動画)

Dé SIGN Series (動画)

VISUAL BRAINS (Sei Kazama+ Hatsune Otsu)

1981年、TV制作会社テレフォース在籍中、Visual Brains結成。
81年より映像作家・CG作家として活動を開始。
マルチメディアを駆使した作品を発表する一方、
ディレクターとして様々なジャンルの映像業務を手がける。
また、現代メディア社会を風刺した作風は世界各地で高い評価を受けている。

Visual Brains is a unit formed by Sei Kazama & Hatsune Ohtsu in 1981. They have created art works mainly with movies.

While presenting works that made use of multi-media, They handled various movie productions as program directors.

Their style satirizing modern society affected by media has garnered critical acclaim around the world.

They live and work in Tokyo. They are members of the Japan Society of Image Arts and Sciences.

English Profile is here.(vbprof.pdf)Please click here.

 

風間 正 (Sei Kazama)

1956年、東京生まれ。1980年、中央大学文学部仏文学科卒業。

芸術学博士。元・明星大学情報学部教授/武蔵野美術大学非常勤講師、日本映像学会会員

Sei Kazama was born in 1956 in Tokyo, Japan.

He graduated from the Chuo University Department of Literature French Literature Studies.

He had a Ph.D. at Nihon University. (ART) He was a professor of Meisei University Department of informatics.

 


大津はつね(Hatsune Otsu)

1956年、東京生まれ。1978年、文化学院大学部建築科卒業。1979年、大駱駝鑑にて暗黒舞踏を学ぶ。

東京工芸大学芸術学部教授。

Hatsune Ohtsu was born in 1956 in Tokyo, Japan.

She graduated from the Bunka Gakuin College Department of Architecture.

She is a professor of Tokyo Polytechnic University Department of Art.


Exhibitions

−個展・グループ展・映画祭歴−

1984 「ヴィデオ・アートのニュー・ウェーブ」/銀座POCKET PARK(東京)

1985 「夜会」展/ストライプハウス美術館(東京)

1986 「大阪アンデパンダン」展(大阪)、「モンベリアールヴィデオ祭」(フランス/モンベリアール)

1987 「犀川アートフェスティバル」/INKSTIK芝浦(東京)・長野東急百貨店・信州信町美術館(長野)に巡回

  「彩色音楽」展/ミクスト・メディア・パフォーマンス『慧何断臂』を上演/宇野萬(舞踏)、西村朗、鶴田睦夫、岩崎真、大山麻里らと共作/STUDIO200(東京)

1988  「SCAN88」展/スタイナ・ヴァルスカ推薦、「第3回ヴィデオナーレ」(西ドイツ/ボン)

1989  「第3回ふくい国際ヴィデオ・ビエンナーレ」/フェニックス・プラザ(福井)、福井県立美術館に巡回、

「イメージフォーラム・フェスティヴァル」/東京、横浜、京都、福岡に巡回

1990   「ロカルノ映画祭」(スイス/ロカルノ)、『PRIVATE VISION』世界各地で上映/国際交流基金

「イメージフォーラム・フェスティヴァル」招待作家/イメージフォーラム(東京)(〜2007年)

1991 個展(イメージフォーラム・WAVE六本木店)、「IMPACT91」展(オランダ/ユトレヒト)

1992 「5th VIDEONALE」/招待作家としてインスタレーションを制作/ケルン日本文化会館(ドイツ)

「World Wide Video Festival」/World Wide Video Center(オランダ/デン・ハーグ)

1993 「ヴィデオ・ナイト」展 谷島 ギャラリー(東京)インスタレーション制作/川崎市民ミュージアム

1994 個展(カナダ バンクーバ Video In Studio)

1995 「8.VIDEOFEST'95」展/メディオポリス主催(ドイツ/ベルリン)

1996   米国大使館主催インターリンク出演/草月ホール(東京)

1997   「ヨーロピアン・メディア・アート・フェスティヴァル」/芸術ホール(ドイツ/オズナブルック)

/「ヴィデオアートの25年」展/東京都写真美術館(東京)

1998 「映像表現の時間と空間−日本の映像作家」展/NTTインターコミュニケーション・センター[ICC](東京)「MAOプロジェクト」/SCAN+東京都写真美術館

2000 「立川国際芸術祭」インスタレーション・作品上映/新鈴春ビル(東京)

2002  「芸術と医学展」インスタレーション・作品上映/NTT Inter comunication center [ICC](東京)

2004  「京都メディアアート週間」作品上映/ドイツ文化センター(京都)

2005  「京都メディアアート週間」作品上映/ドイツ文化センター(京都)、「80年代ビデオアート!」作品上映/Phaidros cafe(東京)

2006 「眩暈の装置」展関連企画・ビデオアート・SCANコレクション特集上映/川崎市民ミュージアム(川崎)

「天保図録挿絵展」関連映像『風間完のアトリエ』上映/松本清張記念館(北九州)

2007 「日本の表現力-文化庁メディア芸術祭10周年記念」作品上映/新国立美術館(東京)

「Radical Communication: Japanese Video Art 1968−1988」作品上映/Getty Center(ロサンジェルス)

作品受賞歴・所蔵美術館一覧 | AWARDS・COLLECTION はこちら>>


ARTICLE 執筆

『現代映像芸術論 -映像作家活動の思想的背景1970年-2000年-』刊行(出版文化研究会)
ISBN 978-4-921067-12-0  C3070 ¥3800E 

Amazonでのご注文はこちら